ニーム・タ=タン【天色の槢】

種族:デュアル ♀
肩書き:マーリン正教会 大賢者/ルーナー(コンサーラ)
賢者の名:天色の槢(あまいろのくさび)
その他:十二色と呼ばれる始祖十二族のうち、「人の筆頭」と呼ばれるタ=タン一族の直系

第二部 第一巻の表紙を飾るニーム。彼女とセットの赤い4輪の薔薇と一緒に。 第三の目が出ている状態なのがおわかりいただけるでしょうか。 第二部からの重要人物の一人で、作者として気に入っている登場人物です。 もともとは冒頭から登場させて第二部への伏線を張るつもりだったのですが、長くて冗長になるため、プロローグ二話と同時にバッサリと割愛してしまいました。

第三部 第五巻の表紙のニーム。 表紙に二度も登場するほど気に入っているキャラクターということですね。 抱えている四本の赤い薔薇は、もちろん「赤の四連野薔薇」のクレスト、イコールエスカ・ペトルウシュカの暗喩です。



ニームが現代の高校生だったら、というイメージイラスト。 メガネは作者の好みです。 デュナンとアルヴィンのあいの子……というかハイブリッドであるニームですが、体型はアルヴィンの特徴をそのまま受け継いでいるので「小柄で生意気な美少女JK」キャラというところでしょうか。

こちらもお遊びで、巫女姿にしてみたニーム。 言ってみれば異教徒の格好ですね。

Posted by eiramy