エスカ・ペトルウシュカ

種族:デュナン ♂
肩書き:ドライアド王国 陸軍大佐(後に少将)ペトルウシュカ男爵 ※以上、第二部までの肩書き
二つ名:赤い薔薇の王、隻眼の獅子など多数

おそらくこの物語の登場人物では、ある意味でもっとも腹黒い人物。全てが終わるその時まで、いやその後でさえ彼の裸の本心を知る者はいないかもしれない。 本性は研究肌、学究肌で、かつ土と生きたい人であった。 そんな自分らしい人生、自分が本来望む人生を歩めなくなった元凶である兄、ミリアを心の底から憎んでいる。 そんな彼の「兄を憎悪する本当の意味」を知る者は実は本人とミリアのみである。それは物語の最後の最後あたりで語られる(かもしれない)。 これは右目を失った後の姿です。

Posted by eiramy